ここから本文です

小島瑠璃子、森田健作知事から就任要請 アクアラインマラソン応援団長

デイリースポーツ 7月21日(木)15時5分配信

 タレントの小島瑠璃子(22)が21日、都内で行われた千葉県の観光PRイベントで「千葉県観光・アクアラインマラソン応援団長」に就任した。イベント中に森田健作知事(66)からビデオで「君の笑顔と明るさが必要。応援団長になっていただきたい」と要請を受け、小島が「喜んでお引き受けします。頑張ります」と即答した。

 小島は同県市原市の出身。就任が決まると同県のマスコットキャラクター・チーバくんから顔写真入りの名刺を渡され、早速客席に配るなどのPR活動を行った。10月23日に開催される「ちばアクアラインマラソン2016」は「唯一無二の海の上を走るマラソン。すがすがしい気持ちになりますよ」とアピールした。

 また、イベントにはサプライズでお笑いタレントのイジリー岡田(51)が登場。今月2日に米ハワイで14歳年下のネイリストと挙式し、9月下旬に再婚することが明らかになっているが、小島とのトークで「千葉の物件探そうかな」と新居探しをにおわせる発言はしたものの、結婚に関する具体的なコメントはなかった。

最終更新:7月21日(木)15時9分

デイリースポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。