ここから本文です

【福島テレビOP】大波乱の予感!小島厩舎の穴男がアロマカフェで一発狙う

東スポWeb 7月21日(木)21時31分配信

【福島テレビオープン(日曜=24日、福島芝1800メートル)美浦発トレセン秘話】日曜に重賞が行われる中京、函館と対照的に、福島開催は地味なラストウイーク。日曜メーン・福島テレビオープンは登録も12頭と寂しければ、メンバーの半数以上が前走2桁着順という組み合わせ。もっとも2週前に七夕賞、先週は函館記念、さらに2週後に小倉記念と中距離重賞が連続して組まれるはざまでは、華のある馬を揃えるのも難しいか。

 そんな中、先週から相手関係を気にしていたのがココロノアイを担当する前田廣宣助手だ。

「ショウナンアデラやウインフルブルームも出てくるんでしょ? なら1番人気になりませんね」

 ちょっと待て、である。確かに前者は一昨年の2歳女王であり、後者は朝日杯FS、皐月賞ともに3着の重賞優勝馬。ただ、ともに約1年半の休養を余儀なくされた経緯を思えば、その実力を発揮できるかは未知数。マーメイドS=3着で復活の兆しを見せたココロノアイの人気は、もはや自明の理であろう。

「確かに少頭数なら競馬はしやすそうだし、時計のかかる馬場もピッタリですけどねぇ。1番人気で勝つキャラかと聞かれると、即答しかねる部分もあるんですよ。ここはぜひとも他馬を人気にしてもらって…(笑い)」

 デビューから常に表舞台を歩んだココロノアイがこの舞台を選んだのは当然、賞金加算をもくろんでいるから。プレッシャーがかかる分、慎重にもなるのだろうが…。前田クンの言う通り馬券でおいしいイメージの同馬が人気というのは、確かにピンとこない。そんな懸念を抱えつつ他馬の取材を重ねていると…。

「それなら小島太厩舎の穴男たるウメちゃんの出番じゃないの~?」

 同厩の吉田芳行厩務員にそう振られ、まんざらでもない表情を見せていたのがアロマカフェの梅津洋介厩務員。一昨年の花園Sでは16番人気サンマルデューク(単オッズ311・5倍)を勝たせるなど、数々の波乱を巻き起こしてきた穴男だ。

「七夕賞は無念の賞金除外。逆に言えば、その後も乗り込んできて仕上がりひと息とは言えないですよね。9歳ながら馬は老け込んでいないし、一昨年2着(クビ差)、昨年5着(0秒2差)の得意コース。何はともあれ3年連続で内田博さんが乗ってくれるのが心強いです」とウメちゃん。昨年は7歳馬サクラアルディート(10番人気)が劇的Vを飾っただけに、ベテランホースの一発が今年もあって不思議なし。メンバーは地味でも配当はド派手なものを期待してみようか。

最終更新:7月21日(木)21時31分

東スポWeb

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]