ここから本文です

海老蔵 誕生日迎えた麻央のお見舞い断念「会うのはやめました」

東スポWeb 7月21日(木)22時25分配信

 歌舞伎俳優の市川海老蔵(38)が21日、誕生日を迎えた妻・小林麻央(34)と会うことを断念した。同日夜、自身のブログを更新し「今日はなにかあると嫌なので話し合って会うのはやめました」とつづった。

 海老蔵はこの日の朝、ブログに「会いたかったけど、多分会えない誕生日、はじめて…」と記し、34歳の誕生日を迎えた最愛の妻をお祝いできそうもない状況を嘆いていた。昼と夜の舞台に立つため、乳がんで闘病中の麻央が入院する病院に行く機会がないのかと思われたが、この日も長女・麗禾ちゃんと長男・勧玄くんとともに楽屋入り。海老蔵だけでなく、子供たちも病院には行かなかったようで「ママには今日会えません涙。でもプレゼント届けました…」と勧玄くんを抱きしめる自身の写真とともに報告した。

 海老蔵は前日のブログでも「明日は愛する人の誕生日」と麻央の誕生日について言及。週刊誌が麻央の姉・小林麻耶(37)の自宅周辺を取材していることについて「ただただ残念、ただただ残念、ただただ残念、ただただ残念、…」と書き込んでおり、この日も取材を回避するため、麻央と相談し、泣く泣く会うことをあきらめたようだ。

最終更新:7月21日(木)22時25分

東スポWeb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。