ここから本文です

小豆島、春夏連続出場逃す 尽誠学園に逆転負け 来春からは統合で校名変更「小豆島中央」に

デイリースポーツ 7月21日(木)15時57分配信

 「高校野球香川大会・準々決勝 尽誠学園7-4小豆島」(21日、レクザムスタジアム)

 今春センバツに21世紀枠で出場した小豆島が尽誠学園に敗れ、春夏連続の甲子園出場はならなかった。

 小豆島は初回に4番・植松裕貴捕手(3年)のタイムリー二塁打で先制。二回にも3安打で1点を奪い、序盤は主導権を握った。

 しかし、大黒柱のエース左腕・長谷川大矩投手(3年)が中盤につかまった。四回に2点を失い同点に追いつかれると、五回2死三塁から尽誠学園の2番・高原潤哉内野手(3年)に勝ち越し適時打を献上。さらに六回には、相手エースの7番・渡辺悠投手(3年)に2ラン本塁打を浴びるなど3点を失った。

 小豆島は5点ビハインドの八回に6番・阪倉直貴外野手(3年)が左翼芝生席へ2ランを放つ粘りを見せたが、反撃もそこまでだった。

 小豆島は来年春、島内のもう一つの高校、土庄と統合され「小豆島中央」に生まれ変わる。その直前に初の甲子園となるセンバツ出場を果たし、島は大フィーバーに沸いた。現校名で出場できるのは秋の大会が最後となる。

 “最後の夏”は準々決勝敗退となったが、エース・長谷川は「笑顔でプレーできた。多くの人たちが自分たちを応援してくれて、楽しい3年間だった」と話した。

最終更新:7月21日(木)16時0分

デイリースポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]