ここから本文です

【会見レポ】「超新星」ソンジェ、除隊後初来日ソロデビュー記者会見でユナクとさらなる飛躍を誓う! 

WoW!Korea 7月21日(木)22時34分配信

8月10日(水)にソロデビューアルバム「It’s Time」をリリースするソンジェ(超新星)が、除隊後初来日し、ファンミーティング「2016 SUNGJE Fan Meeting」を開催。7月19日(火)の大阪公演に続き、21日(木)東京国際フォーラム ホールAでの東京公演では、ファンミーティングに先駆け、記者会見を行った。

【画像】ファンミーティング「2016 SUNGJE Fan Meeting」開催前の記者会見

 約2年間の軍服務を無事に終え、一段と成長し、カッコよくなって帰ってきたソンジェ。パープルのロングコートに黒のパンツというシックな装いで、「アンニョンハセヨ」と一礼し、インタビュールームに現れた。久しぶりに報道陣の前に立つということで、「ものすごく緊張しています」と話すも、応援に駆け付けたリーダー、ユナクとともに今後の活動への意気込みなどを語った。

 まずは、大阪で久しぶりに日本のファンと触れ合ったソンジェは、「2年ぶりに多くのファンの皆さんの前で公演ができて、とてもうれしかったです。2年というブランクがあったので、多くの方が来てくれるだろうか、と心配していましたが、空席なく会場を埋め尽くしてくださったので感動しました」とファンに感謝した。

 ソンジェのソロデビューアルバム「It’s Time」は、「いろいろな姿を見せたい」という思いから、ソンジェ自身が手掛けた楽曲も収録され、デビューアルバムにふさわしい一枚。
「いつもメンバーと一緒だったのが、今回は1人で作業をしたので、大変だったし、寂しかったんですが、その分幸せでもありました。1日1日を大事にしながら、楽しく作業できました。今回は曲のセレクト、衣装、PVなどにも携わり、『超新星』での活動ではお見せできなかった自分の魅力をお見せしようと努力しました」と制作過程を振り返った。

 さらに、「『ありがとう』という曲は軍服務中、ファンの皆さんに伝えたかった思いを込めた曲なので、歌詞をしっかり聴いてほしい」と聴きどころも紹介した。

 一方、ソンジェより一足先にソロアルバム「REAL」をリリースし、8月21日(日)に名古屋、22日(月)に大阪、28日(日)に東京のライブハウスで、ライブツアーを開催するユナク。日本に留学していたとき、ライブハウスで日本のアーティストのライブを見て、スペシャルを感じたという彼は「今回生バンドで、皆さんと近い距離で、顔を見ながら、一緒に汗をかきながら、楽しい時間を作りたいです」とライブが待ち遠しい様子だった。

 現在、「超新星」はゴニル、ソンモ、グァンス、ジヒョクが兵役中だが、ことし5月に除隊したソンジェは自身の変化として、「甘い物は好きではなかったんですが、兵役中は甘いものが食べたくなりました。でも、除隊したら甘いものは食べたくなくなったので、不思議だなと思いました(笑)」と食の好みを挙げ、性格的には「せっかちな方だったんですが、自分にもこんなに忍耐力があるんだということに気付きました」と分析。

 それにはユナクも納得し、「たしかに我慢するようになりました。それに、プロ意識も強くなったし、いろいろ変わりました。顔も小さくなったし、体も痩せたし、肌もキレイになったし。10年前の『超新星』に入った頃のソンジェ君を見ているような気がして、うれしくなりました。このままの状態を保ってほしいなと思います(笑)」と洗練されて帰ってきたソンジェを歓迎した。

 また、これから約2年間、「超新星」を2人で守っていくにあたり、ユナクは「僕がいないときも5人が僕の席を守ってくれたし、ソンジェ君がいないときもそうでした。今回、幸いなのはお兄ちゃん2人が残るので、お互いを頼りにしながら、2人の良い姿が見せられるんじゃないかなと思います。今回のソンジェ君のアルバムを聴いて、すごく未来が明るくなりました」と2人で「超新星」を守っていく決意を表明。
今後の2人での活動については「ソロでいろいろな経験をした後、2人で合体して、『超新星』として日本で活動したいなと思います。よろしくお願いします! 」と抱負も。

 そして、最後にソンジェは「2年ぶりに日本に帰ってきたんですが、温かく迎えてくださり、本当にありがとうございました。日本でも韓国でも、頑張って活動していきますので、見守ってください。そして、ソロアルバムもぜひ応援してください! 」と笑顔でPR。

 ユナクも「来月はソンジェ君の日本での活動があり、僕のライブもあります。9月にはソンジェ君とのイベントもあり、盛りだくさんの内容で活動していきます。こうして日本で活動ができるのは、日本のファンの皆さんの応援があるからこそだと思います。この瞬間瞬間を大事にして、皆さんをガッカリさせないように、4人が戻ってくるまで、頑張って盛り上げていきたいなと思います。頑張りますので、ぜひ応援よろしくお願いします。頑張ります! 」とガッツポーズし、力強く意気込んだ。

 質疑応答を終え、フォトセッションでもさまざまなポーズを取り、カメラマンのリクエストに応えたソンジェとユナク。ソロデビューアルバム「It’s Time」を引っさげ、本格的に音楽活動を再開させるソンジェと、ソロライブを控えたユナクが、今後どのように「超新星」を守り、さらに飛躍させていくのか楽しみだ。

最終更新:7月21日(木)22時34分

WoW!Korea

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。