ここから本文です

3Dの福沢諭吉先生だと……? 「一万円札専用マグネット」の福沢諭吉がリアルすぎてちょっとこわい

ねとらぼ 7月21日(木)20時53分配信

 フィギュア造形師の岩金優輝さんが「一万円札専用マグネット」なるアイテムを発表しました。そのあまりにもリアルなクオリティーに造形クラスタから注目が集まっています。

【拡大図:横顔もリアル】

 今回の「一万円札専用マグネット」は、7月24日に千葉県の幕張メッセで開催されるガレージキットの祭典、「ワンダーフェスティバル 2016【夏】」にて販売する一つとして制作したものなんだとか。用途はその名の通り、「一万円札を冷蔵庫等に貼りつける時用」。

 一万円札にこのマグネットを付けると、上半身に影が落ち、まるでミニ福沢諭吉先生がそこにいるかのよう……。「天は人の上に人を作らず」とか今にも喋り出しそうで若干怖い。

 このマグネットの注意点は一つ。夜暗くなって下からライトを当てると、ホラー画像になってしまうようです。夜中に絶対目を合わせたくないやつだぞこれ!!

 ワンダーフェスティバル当日は、同アイテムを未塗装レジンキットとして600円(マグネット無し500円)で販売予定。詳細は未定ですが、今後通販で購入できる可能性もあるそうです。冷蔵庫の守り神となってくれる、あなただけの福沢諭吉先生を見つけてみてはいかがでしょう。

画像提供:岩金優輝さん

最終更新:7月21日(木)20時53分

ねとらぼ