ここから本文です

3分に1回手動更新 「ポケモンGO」の日本配信を正座で待機するニコ生が視聴者数19万人突破

ねとらぼ 7月21日(木)23時16分配信

 ニコニコ生放送で7月21日にスタートした「【ポケモンGO】日本配信を正座で待機する番組【PokémonGO】」の累計視聴者数が19万人を突破した。

【視聴者の反応】

 同番組はタイトル通り、アプリ「ポケモンGO」の日本配信を待つというもの。iPhoneとAndroid端末を置き、約3分ごとに“手動”で更新をかけるというだけの内容だ。

 企画したのはゲームメディアの「電ファミニコゲーマー」(運営:リインフォース)。同サイトは2016年2月の開設以降、熱量の高いインタビュー記事を量産することでゲームファンに知られており、ニコニコ生放送での番組配信は今回が初となる。

 担当者に企画意図を尋ねたところ、「SNSを見れば、ポケモンGOの待望コメントで溢れている。この熱量が集まる場を用意したら面白いんじゃないか。こうした取り組みが成り立つのも、ニコニコ生放送ならでは」とのことだった。番組がいつまで続くのかにも注目したい。

最終更新:7月23日(土)11時29分

ねとらぼ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]