ここから本文です

「Pokemon GO」の次は? “玩具化”したARはどこへ行くのか

ITmedia ニュース 7月24日(日)7時37分配信

 AR(拡張現実)技術を活用し、現実の世界に重なるようにポケモンが現れる――スマートフォン向けゲーム「Pokemon GO」に世界中が熱狂している。7月6日に米国などで先行公開(iOS/Android)されると、Android版のアクティブユーザー(DAU)は3日間で600万人を突破。12日には2000万人超と、米国で歴代最多の記録を塗り替えた。

【画像】「ニコニコ超会議2016」で上演された歌舞伎「今昔饗宴千本桜」より。舞台上のスクリーンに初音ミクが登場した

 こうしたAR技術の研究は、つい最近始まったものではない。これほど一般に浸透するまでには20年来の研究の歴史があった。1999年、加藤博一氏(奈良先端科学技術大学院大学教授)が、白黒のマーカーを使ったARアプリを開発できる「ARToolKit」を発表すると、さまざまなユーザーがARアプリを作成・公開。2007年、ニコニコ動画に投稿された動画「ARToolKitで初音ミク」などが話題を呼んだ。08年にiPhoneが国内で発売されると、そのカメラ機能を生かしたアプリ「セカイカメラ」が09年に登場。スマホのカメラ越しに見ると、空間上に文字や画像を「エアタグ」で付与・共有するアプリだ。iPhoneの初期の人気を支え、ARの可能性を垣間見る草分け的存在だった。

 近年は、初音ミクなどのバーチャルキャラクターが舞台上のスクリーンに登場し、歌声やダンスを披露するイベントが開催されているほか、ロート製薬や森永製菓などは製品のパッケージを使ってARコンテンツを提供している。さまざまな企業がプロモーションに活用するほど、ARは身近な存在になっているようだ。

 一方、ARは「ゲームに使われる技術」「キャラクターが踊るもの」――など“玩具”のように思われるケースも少なくない。だがARの研究はさらに進み、企業プロモーションの用途を越え、ビジネスの現場や日常生活を変えようとしている。そんな未来の可能性を説明するキーワードが、MR(Mixed Reality、複合現実)という言葉だ。

 MRとは、現実世界に映像を重ね合わせて見せるだけでなく、実際に触ったり、動かしたりできる技術を指す。広義にはARに含まれる概念だが、従来の「映像をオーバーレイ表示するだけ」の技術ではなく、操作が映像に反映されることで、現実世界と仮想世界がより融合(Mixed)したかのように体感できることが特徴だ。

 現在、MRの技術はどれほど開発が進んでいるのだろうか。実用化されると私たちの世界はどう変わるのだろうか――長年「MacUser」編集長を務め、IT業界のトレンドを追い続けてきた松尾公也(ITmedia ニュース編集部)が語る。

●松尾公也(まつお・こうや)

Mac誕生前夜の1983年コンピュータ関連出版業界入り。PC Magazine、PC WEEK、MacUserなどを経て、IT業界の裏道を歩みつつ現在に至る。8ビットコンピュータでの音楽制作に始まり、iPhoneとiPadを使った楽器の弾き語りを得意としており、フジテレビ出演、東京ドーム公演経験あり。

●MRは「時を越える」

――MRは現実世界に映像を重ねるだけでなく、インタラクティブな操作が可能になるという。MRの技術は、どんな場所でどのような活用が期待されているのか

松尾:従来のARは「玩具」と思われるかもしれないが、MRという言葉にはそうしたイメージを払しょくし、ビジネス面での実用性をアピールしたい狙いがあるように思う。例えば、キヤノンITソリューションズは「MREAL」という技術を開発している。現実の空間をビデオカメラで撮影して位置情報を計測しながら、CGを合成してディスプレイに見せる技術で、保守・点検などの現場で活用を見込んでいるようだ。作業のマニュアルを画面にオーバーレイ表示すれば、両手がふさがらない上に、手のジェスチャーでページをめくるなどの操作も可能になるだろう。

 それから、米Microsoftはヘッドマウントディスプレイ「HoloLens」を開発している。同社が日本航空(JAL)と共同開発したアプリは、整備士がエンジンの構造を学んだり、パイロットが操縦を訓練したりできるものだ。

――点検や整備の現場だけで使われるのか

松尾:米Microsoftはそれだけにとどまらず、オフィスにもMRを導入したいという意欲が見える。例えば現状の会議だと、プロジェクターを使って1つの画面に映して、皆が「画面が小さい」と文句を言っている場面をよく目する。だが、皆がHoloLensをかけて、空間上に浮かぶバーチャルな情報を一緒に見られるとどうだろうか。映画「アイアンマン」には、設計図が空間に浮かび上がっていて、皆が同じように見えるシーンがある。平面図と比べると、立体物のイメージを共有しやすくなる上に、指で回転させたり、拡大表示させたりと、より直感的なコミュニケーションが可能になるだろう。

――オフィス以外の場所、普段の生活だとMRはどのように使われるのか

松尾:例えば私の場合だが、亡くなった妻に会えるのではないかと思う。妻の姿を3Dモデルで再現して現実世界にオーバーレイさせ、触れることができる。本人の声は、初音ミクのように合成音声で作れるし、生前にTwitterでつぶやいたログを人工知能に学習させれば、会話の文章も生成が可能だ。仮想的な人格を生み出せるかもしれない。

――「時を越える」ということか

松尾:そうかもしれない。同じようにすれば、昔に撮影したビデオの映像に入り込むこともできる。自分が撮ったビデオには自分のアングルの映像しか残らないが、その世界自体を3Dオブジェクトで再現すれば、自由に動き回ったり、後ろを振り向いたりもできる。その場で椅子に座って右を向くと、“当時の妻”がいるかもしれない。

●MRの世界、実現はそう遠くない?

――MRが世界をどう変えるかは何となくイメージできたが、実現するのはまだまだ先の話にも思える。いつ頃になるだろうか

松尾:そんなに遠い未来ではなくて2~3年すれば、ありうる話ではないかと思う。いまARやVR(仮想現実)が花開いているのには、GPUが強力になったという背景がある。ARにせよ、VRにせよ、3Dオブジェクトを生成するには、強力なGPUのパワーが必要だが、現状では少なくともミニタワーくらいのゲーミングPCがないとVR映像は動作しないし、PlayStation VRもかなりギリギリの性能だと思う。

 ただ、NVIDIAの「GeForce GTX 1080/1070」、AMDの「Radeon RX 480」など、高性能なグラフィックスカードが相次いで登場し、ハードルを下げている。小型化・低価格化が進んで、眼鏡型端末やスマートフォンに実装できるようになると、大体の問題は解決するのではないだろうか。

 ソフトバンクが買収したARMも、実はGPUを設計していて、Cortex MaliというGPUはひと世代前のデスクトップPC用独立型GPUと並ぶだけの性能があり、実際にVRを主用途に挙げている。

 現在、MicrosoftのHoloLensは一体型なので、周辺機器いらずの約30万円、VRのヘッドセットは眼鏡型端末が約10万円、それを使えるようにするためのPCも約10万円で合計20万円くらいだ。性能では少し落ちるPlayStation VRだと、PS4込みで約10万円。2~3年後、よりコンシューマー向け製品として低価格化が進めば、ノートPCの代わりに持ち歩く時代が来るかもしれない。

最終更新:7月24日(日)7時37分

ITmedia ニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]