ここから本文です

Mayday、『自伝 history of Tomorrow』日本限定盤を今秋リリース

BARKS 7月21日(木)21時7分配信

アジア全域で人気の台湾バンドMaydayが今秋、最新オリジナルアルバム『自伝 history of Tomorrow』の日本限定盤をリリースすることが明らかとなった。

◆Mayday (五月天) 画像

同アルバムには7月に台湾で発売された『自伝 history of Tomorrow』収録全曲に加え、作詞に小林武史を迎えたドラマ主題歌「Do You Ever Shine?」や「YOUR LEGEND ~燃ゆる命~」ほか、日本語詞を新たに書き下ろしたナンバーが収録される予定だ。

日本語詞楽曲の作詞家はまだ発表されていないが、小林武史、flumpool、GLAYのTERU・TAKURO、いしわたり淳治などヒットメーカーとのコラボ実績を持つMaydayだけに、今回もスペシャルな組み合わせが期待されるところ。

Maydayはこれまで1,000万人を超えるライブ総動員数や、世界各国で150以上の音楽賞受賞歴を持つ。2016年5月に行われた香港コロシアムでの10連続公演では延べ10万人を動員したことをはじめ、7月から10月まで開催中のアジアツアー<JUST ROCK IT!>には19公演約100万人を動員する予定だ。

■最新オリジナルアルバム『自伝 history of Tomorrow』日本限定盤
今秋リリース予定

最終更新:7月21日(木)21時7分

BARKS

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。