ここから本文です

松岡広大ら『ベイビーステップ』実写キャスト、“テニス愛”目覚める

オリコン 7月21日(木)10時58分配信

 俳優の松岡広大が21日、都内で行われたAmazonオリジナルドラマ『ベイビーステップ』完成披露試写会に出席した。錦織圭選手や松岡修造などテニスプレイヤーが愛読する人気テニス漫画の実写化で、主人公・丸尾栄一郎を演じる松岡は「まずは役を愛すること、テニスを愛することから始めました」と役作りについて話し、「上達とまではいかないですけど、休憩中にスタッフさんやキャストの皆さんと休憩時にラリーをしたりして、すごく楽しかったです」と満喫した様子で明かした。

【全身ショット】モデルの季葉はスコート姿で登場

 2014年神奈川県中学大会ダブルス第3位で、プロを目指していたこともあるモデルの季葉は、鷹崎奈津役でドラマ初出演。「これは絶対に私がやりたいと思いました。経験を演技にいかせると思ったので、決まったときはうれしかったです」と笑顔をはじけさせた。

 メインキャストの中で一番テニスが上手いという設定の江川逞役に挑戦した松島庄汰は「僕がコケたら、ドラマ自体のテニスの技術が下がってしまう」とプレッシャーを告白。一人で壁打ちの自主練を行っていたといい「壁は打ったらちゃんと球が帰ってくるので、壁に憧れを抱き始めました」と笑いを誘った。

 同ドラマは『週刊少年マガジン』で連載中の人気コミックを実写化。成績優秀、真面目な男子高生がテニスの魅力に目覚め、プロを目指して成長していく青春ストーリー。22日より配信スタート。

最終更新:7月21日(木)11時15分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。