ここから本文です

【NBA】J.リンがネッツ入団会見、先発PGの役目に意欲

ISM 7月21日(木)16時23分配信

 この夏にフリーエージェント(FA)になりブルックリン・ネッツに移籍したジェレミー・リンが現地20日、入団会見で新天地での抱負を語り、先発ポイントガード(PG)としての実力を証明したいと話した。

 リンは、ニューヨーク・ニックスに所属していた2011-12シーズン、2月に1試合平均20得点以上をマークする活躍を見せ“リンサニティ”と呼ばれるブームを巻き起こした。先発PGとしてニューヨークに戻ってきたリンは、リーグを席巻した当時のように、その役目にふさわしい選手であることを証明したいと意欲を語った。

 リンは「それは自分にとって重要なこと。というのも、FAになったときに、自分がどれだけ偉大な選手になれるか見てみたいと話していたんだ」とコメント。「今まで様々な役割を務め、所属した多くのチームのために犠牲を払ってきた。チームの勝利に貢献するため、より小さな役割も引き受けた。でも今度はもっと大きな役割を担うチャンスを得た」と、新たな任務に意気込んでいる。

 ネッツはこの夏、リンのほかにも、2013年ドラフト全体1位指名のアンソニー・ベネット、グレイビス・バスケス、ルイス・スコラ、トレバー・ブッカー、ランディ・フォイなどを獲得。ショーン・マークスGMは、「これで終わりかは分からない」と、さらなる補強の可能性を示唆し、他のチームや海外リーグ、リオデジャネイロ五輪での動きに注視したいと語った。(STATS-AP)

最終更新:7月21日(木)16時23分

ISM