ここから本文です

『もののけ姫』&『コクリコ坂から』2週連続『金曜ロードSHOW!』で放送

オリコン 7月22日(金)13時0分配信

 日本テレビ系『金曜ロードSHOW!』(毎週金曜 後9:00)では8月5日より、「2週連続 夏はジブリ」と題して、スタジオジブリの宮崎駿監督による大ヒット映画『もののけ姫』(1997)と宮崎駿監督企画・脚本&宮崎吾朗監督の『コクリコ坂から』(2011)を2週にわたって放送する。

『コクリコ坂から』&『もののけ姫』キービジュアル&場面カット

 1週目に放送される『もののけ姫』は公開当時の日本の興行収入記録を塗り替え、日本だけではなく世界中で絶賛された自然界と人間との関わりについて描いた壮大な物語。自然と人間は共に生きることができるのか…。人類の命題とも言える大きなテーマに挑んだ宮崎駿監督の“魂の大作”として邦画史上に名を刻んでいる。

 2週目の『コクリコ坂から』(8月12日放送)は東京オリンピックを目前に控えた1963年の横浜を舞台に、少年少女の恋を描く。少女漫画を原作に、女優・長澤まさみ、V6の岡田准一らが声優を務めた。時がたっても変わらない“本当に大切なもの”をそっと提示してくれる、どこか懐かしい気持ちにさせてくれる青春物語だ。

 常にアニメーション映画の最先端を進み続けるスタジオジブリでは9月17日に最新作『レッドタートル ある島の物語』の公開を控える。ジブリ初の外国人監督によって製作された同作は、第69回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門特別賞を受賞しており、国内外からの期待も高まるが、この機会に改めてジブリの名作に浸ってみてはどうだろうか。

最終更新:7月22日(金)13時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。