ここから本文です

夏だ!花火だ!火薬田ドンだ! 今年は2つの新キャラが登場予定

オリコン 7月21日(木)21時34分配信

 2008年のフジテレビ系『27時間テレビ』で誕生し、1年に1度しか見られないスペシャル企画として毎回好評を博しているビートたけし(69)扮する「火薬田ドン」が今年も新キャラクターを引っさげ大暴れする。

『27時間テレビ』に古舘伊知郎の出演も決定

 23日午後6時30分から翌24日午後9時24分まで放送予定の『FNS 27時間テレビフェスティバル!』。火薬田ドンは、番組内のどこかで登場し、さまざまな演出で“花火”を打ち上げようとするキャラクターで、毎回、世相を反映した“新キャラクター”を仕込んでくるのだが、今回は2つの新キャラが登場する予定。

 “新キャラ”の選定や細かいアイデアなどは、すべてたけし本人から出されているといい、火薬田ドンの濃い口ひげが特徴の独特なメイクも自ら行っている。たけしの身体を張った暴走に期待するとともに、けがをしないことを祈るばかりだ。

最終更新:7月21日(木)21時34分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。