ここから本文です

吉沢亮が映画初主演 中前勇児監督『サマーソング』9・17公開

オリコン 7月22日(金)4時0分配信

 俳優の吉沢亮が、連続ドラマ『ROOKIES』、『天皇の料理番』や映画『サンゴレンジャー』を手がけた中前勇児監督の最新作『サマーソング』(9月17日公開)で映画初主演を飾ることが21日、わかった。親友たちとの友情、不慮の事故で失くした父親への思い、一歩踏み出せない自分自身への葛藤など、青春時代に誰もが経験するであろう物語をリアルに描く。

 市原健一(吉沢)はサーファーの父親に憧れ、自身もサーフィンに明け暮れていたが、父親を不慮の事故で亡くして以来サーフィンを絶ってしまい、それ以降の楽しみは、親友たちとつるんで、彼女探しをしたり、アイドルの追っかけをすることだった。そんなある日、親友に海に誘われて海に行くが…。

 初主演を務める吉沢は「青春を謳歌できなかった人。周りの環境がどんどん変わって、自分だけが置いてけぼりな気がする人。あと一歩が踏み出せない人。そんな人たちの背中を押す力の1つになれればうれしいかなと思います。男ってどこまでもバカで愛おしい生き物だなと、感じてもらえる作品です」とアピール。

 中前監督は「これまでの吉沢さんとは違い、男の色気と垣間見せる少年のかわいさが魅力の作品。そこに取り巻く仲間の友情、人間関係、熱い絆で結ばれていく青春ストーリーです」とコメントしている。

 吉沢のほか、浅香航大、赤澤燈、筧美和子、丸高愛実、天野麻菜、馬場良馬、和田琢磨らが出演する。

最終更新:7月22日(金)4時0分

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。