ここから本文です

アイ・ウェイウェイが難民のライフジャケット用いた新作、宮殿に展示

CINRA.NET 7月21日(木)19時33分配信

難民のライフジャケットを用いたアイ・ウェイウェイの作品が、オーストリア・ウィーンのベルヴェデーレ宮殿で展示されている。

【もっと画像を見る(6枚)】

『F Lotus』と題された同作は、難民が実際に着用した1005着のライフジャケットで「F」の字を形作ったインスタレーション。ライフジャケットを蓮の花のように構成した201の輪が、ベルヴェデーレ上宮の前の池に浮かんでいる。アイ・ウェイウェイは難民問題に光をあてるため、ギリシャのレスボス島にスタジオを設立していた。

同作は11月20日までベルヴェデーレ宮殿、21世紀館で開催されているアイ・ウェイウェイの大規模な個展『translocation - transformation』の一環で制作されたもの。同展では、明朝時代の寺院を再建したインスタレーションや、古代のティーポットの注ぎ口を無数に敷き詰めた作品などを発表している。

CINRA.NET

最終更新:7月21日(木)19時33分

CINRA.NET