ここから本文です

日之影の魅力弁当に 宮大生が地域振興企画

宮崎日日新聞 7/21(木) 11:50配信

 宮崎大の財政学ゼミ(入谷貴夫教授)に所属する学生が人口減少や高齢化の進む日之影町で、行政や住民らと協力して地域活性化に挑んでいる。今年は地元食材をふんだんに使った弁当を提案。生産や加工、販売の連携を強めることで、活気づける狙いがあり、年内にも試験提供する。関係者は「若いアイデアで日之影の魅力を発信してほしい」と期待を込める。

宮崎日日新聞

最終更新:7/21(木) 11:50

宮崎日日新聞

なぜ今? 首相主導の働き方改革