ここから本文です

Pokemon GO人気で任天堂がEA、Activision、Sonyの時価総額を抜く

ギズモード・ジャパン 7月21日(木)11時50分配信

Pokemon GO人気で株価倍増の任天堂が、19日時点でSonyを抜いて時価総額4兆5000億円(約425億ドル)になりました。

“ Nintendo market cap has now doubled since the release of Pokemon Go.
Now at over $40 billion. Higher than Sony. pic.twitter.com/y6RlSUO1Jj
- ZhugeEX (@ZhugeEX) July 19, 2016 ”

東証の売買代金は約7036億円で、個別銘柄として過去最大を更新。東証の4分の1近くが任天堂株というクレイジーな状況です。明けて水曜は少し落ち着いてるみたいですけどね。

425億ドルというと、EA(231億ドル)、Activision(307億ドル)はもとより、Tesla Motors(316億ドル)、Netflix(368億ドル)、Yahoo!(363億ドル)もゴボウ抜きです。いやはや、すさまじいわ…。

どこかのアナリストが語っていたように、まさか任天堂がARで出てくるとは誰も予想だにしていなかったわけでして、完全ノーマークのAR関連銘柄=任天堂の衝撃はしばらく続きそう。ワンヒットワンダーで終わらないように祈るばかりですねー。

今回のこのブーム、アメリカのメディアはどう受け止めているのか? USAトゥデイの記者座談会の動画(http://usat.ly/29If4Lm)を貼っておきますね。


(動画の訳)

「こういうのは久々だね」

「iPhone以来かもね。空港のバスでもみんなやってる。すごいよ」

「宣伝ゼロでね」

「ゼロで」

「いやいや、この規模のは学校でポケモン流行って以来だと思うけどさ(笑)、今度のはテクノロジーが新時代だよね。史上初のARクレイズ」

「みんな外に出てる、そこがいいと思うわ。史跡とかね」

「僕も昨日サンタモニカ行ったけど、遊んでる2人組に聞いたら、1時間以上?歩いてるって言ってたよ」

「そうそう、1時間あっという間だよねー」

「なんかね、サンタモニカは水のポケモンがたくさん捕れるんだってさ」

「なるほどー!」

「火山行けば、火のポケモンが捕れる。ざっと見て25%ぐらいの人はやってたと思う」

「会社に『ポケモン禁止。働け』って張り紙出てるって話だしね」

「ま、崖から落ちなければ、いいんじゃない?」


訳者もさっき満月の海、走ってきたんですけど、いつもなら鹿と犬と月と私なのに、今日はPokemon GOの人が歩いてました。みんな2人組になって。不思議な光景。この不思議さは本当に言葉に言い表しようがないです。

image by Firdaus Khaled / Shutterstock.com
source: Fortune, Investors.com
(satomi)

最終更新:7月21日(木)11時50分

ギズモード・ジャパン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]