ここから本文です

クエリーが辛うじて3回戦へ [ワシントンDC/男子テニス]

THE TENNIS DAILY 7月21日(木)5時59分配信

 アメリカ・ワシントンDCで開催されている「シティ・オープン」(ATP500/7月18~24日/賞金総額162万9475ドル/ハードコート)の男子シングルス2回戦で、第8シードのサム・クエリー(アメリカ)がビヨン・フラタンジェロ(アメリカ)を6-7(5) 6-4 6-4で倒して3回戦に進んだ。

 クエリーは世界1位のノバク・ジョコビッチ(セルビア)を倒したウィンブルドン3回戦から大きな自信をつけているはずだが、ロッククリークパーク・テニスセンターの照明の下のセンターコートではそう見えなかった。クエリーは第1セットのタイブレークを落とした失望から奮起してフラタンジェロを辛うじて倒し、全仏オープン1回戦での敗戦の雪辱を果たした。

「これは〈抜け出すために〉ただただ戦い続けなければいけない類の試合だった。ウィンブルドンで起こったことがなんであれ、タフな試合であり、勝者として抜け出すためにはいい仕事をしなければならなかった」とクエリーは言った。

ジョコビッチを倒したクエリーがグランドスラム初の8強入り [ウィンブルドン]

 クエリーは3回戦で、第11シードのアレクサンドル・ドルゴポロフ(ウクライナ)と対戦する。

 そのほかの2回戦では、第12シードのグリゴール・ディミトロフがダニエル・エバンズ(イギリス)に4-6 4-6で敗れた。(C)AP (テニスデイリー/THE TENNIS DAILY)

Photo: WASHINGTON, DC - JULY 19: Sam Querrey of the United States of America returns a shot to Bjorn Fratangelo of the United States of America during day 2 of the Citi Open at Rock Creek Tennis Center on July 19, 2016 in Washington, DC. (Photo by Matthew Hazlett/Getty Images)

最終更新:7月21日(木)5時59分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]