ここから本文です

中村礼子コーチが教える!親子で一緒に水泳教室 ~水に慣れる~

ベネッセ 教育情報サイト 7月21日(木)12時1分配信

水泳は子どもから大人まで、幅広い年代が楽しめるスポーツです。「水に入るのが苦手」というお子さまも、練習のコツさえつかめば、しだいに泳ぐのが好きになって、水泳が得意になるでしょう。そこで、親子で一緒に練習できて、水泳が楽しくなる、とっておきの方法をご紹介します。
教えてくれるのは、東京スイミングセンターの中村礼子コーチ。競泳女子200メートル背泳ぎで、アテネオリンピック、北京オリンピックの2大会連続銅メダルを獲得。現在は水泳の指導者として活躍しています。

水の中でけのび

水の中を進んでみましょう。まっすぐな姿勢で進む「けのび」は、水泳の最も基本的な形です。水の抵抗を受けにくい姿勢なので、どの泳ぎ方にもけのびの形が入っています。

足の裏で壁をキック。プールの底を見るように顔を下に向け、腕で耳をはさんで両手をまっすぐに。この両腕を伸ばした姿勢のまま、両足で壁を蹴り、体を伸ばして、一直線に前へ進みましょう。
まっすぐな姿勢は、どんな泳ぎにも生かされる水泳の基本です。水面に頭が出ていたり、お尻が下がっていたりしたら、その部分を触ってあげると、体が曲がっていないかどうかを確認できます。ぜひ保護者のかたがサポートしてあげましょう。

プールサイドに腰掛けてバタ足

足の甲で水を蹴る足の使い方をバタ足と言います。正しく足を動かせば、バタ足だけでも水中をスムーズに進むことができます。

最初はプールサイドに腰掛けて、座った状態でのバタ足の練習です。ひざを曲げないように、太ももから動かすことを意識します。足首をピンと伸ばして、足の甲で水を押し出すように動かしましょう。足先に置いたボールをキックすることをイメージするとよいでしょう。
ここで大切なのは、上から下にたたき付けるのではなく、下から上へ蹴り上げるようにすること。足をまっすぐに伸ばして、足の甲で水をしっかりとらえて押し出すような感覚を身に付けましょう。

プールサイドにつかまってバタ足

次は、プールサイドにつかまってバタ足の練習です。足の付け根から足全体を動かし、水をしっかり蹴り出すイメージで行いましょう。この時、力が入りすぎるとひざや足首が曲がってしまいます。上半身の力を抜いて、足をムチのようにしなやかに動かすのが、理想的なバタ足です。体が左右にぶれないように気を付けましょう。

ポイントは、上半身をリラックスさせて、足をまっすぐ伸ばして蹴ること。ひざが曲がっていないか、足首はまっすぐ伸びているか、正しい姿勢を確認してあげましょう。

参考:<動画>親子で一緒に水泳教室 ~水に慣れる 2~
https://www.youtube.com/embed/-4F_O0JdVSM

ベネッセ 教育情報サイト

最終更新:7月21日(木)12時1分

ベネッセ 教育情報サイト