ここから本文です

コンテナデザインの缶ケース販売再開 新たに2種類が追加 JR貨物

乗りものニュース 7月21日(木)7時0分配信

新たに2種類の「コンテナ缶」が新発売

 JR貨物・東北事業開発支店は2016年7月19日(火)、在庫切れで販売を中止していた「18Dコンテナ缶」と「19Dコンテナ缶」の販売を再開すると発表しました。

「コンテナ缶」は、JR貨物で使用されているコンテナを模した缶ケース。サイズは「19Dコンテナ缶」の場合、長さ7.5cm×幅11cm×高さ8cmです。

 今回は販売が再開される「18Dコンテナ缶」「19Dコンテナ缶」の2種類に加え、鉄道コンテナ50周年を記念して50個作られたコンテナをデザインした「19Dコンテナ缶(50周年記念)」と、国鉄時代の簡易保冷コンテナをデザインした「C95コンテナ缶」の2種類が発売されます。

 値段は1個800円(税込)。JR貨物ウェブサイトのほか、青森駅(青森市)の店舗「詩季彩 青森駅店」や「駅の駅あおもり」で購入可能です。

乗りものニュース編集部

最終更新:7月21日(木)12時16分

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]