ここから本文です

西岡良仁 世界36位ミュラーに完敗、3回戦進出ならず<男子テニス>

tennis365.net 7月21日(木)9時1分配信

シティ・オープン

テニスツアーのシティ・オープン(アメリカ/ワシントン、ハード、ATP500)は20日、男子シングルス2回戦が行われ、世界ランク93位の西岡良仁(日本)は第14シードで同36位のG・ミュラー(ルクセンブルグ)に4-6, 1-6のストレートで敗れ、3回戦進出とはならなかった。

西岡 2週連続で最高位更新

この試合、西岡はビッグサーバーのミュラーに11本ものサービスエースを叩き込まれ、トータルで1度もブレークチャンスを握れず、3度のブレークを許して完敗を喫した。試合時間は1時間2分。

西岡は6月のウィンブルドン(イギリス/ロンドン、芝、グランドスラム)で予選を勝ち抜き本戦初出場。本戦ではS・スタコフスキ(ウクライナ)に敗れ1回戦敗退となるも、その後の下部大会で好成績をあげ、世界ランキングで自身初のトップ100入りとなった。

過去のツアー大会では、ATP250のデルレイ・ビーチ・オープンとメンフィス・オープンでベスト8進出、ATP1000のマイアミ・オープンでは3回戦進出を果たした。

一方、勝利したミュラーは3回戦で第4シードのB・ペール(フランス)と対戦する。

また、その他の日本勢では世界ランク106位の杉田祐一(日本)が同98位のV・ポスピシル(カナダ)を逆転で下して初戦突破。2回戦では第16シードのB・チョリッチ(クロアチア)と顔を合わせる。

今大会の主なシード勢は第1シードにJ・イズナー(アメリカ)、第2シードにG・モンフィス(フランス)、第3シードにB・トミック(オーストラリア)、第4シードにペール、第5シードにS・ジョンソン(アメリカ)、第6シードにJ・ソック(アメリカ)、第7シードにA・ズベレフ(ドイツ)、第8シードにS・クエリー(アメリカ)となっており、シード勢は1回戦免除で2回戦からの登場。

tennis365.net

最終更新:7月21日(木)9時1分

tennis365.net

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]