ここから本文です

歩行中の事故に注意を 夏の交通安全県民運動が始まる/富山

チューリップテレビ 7月21日(木)16時6分配信

 21日から、夏の交通安全県民運動が始まりました。

 このうち、富山市では市民大会が開かれ、歩行者の安全確保の徹底などに取り組むことを確認しました。
 富山市で開かれた市民大会では、市内の交通安全協会などの関係者が参加し、今年の運動の重点項目を確認しました。
 今年は、例年と同じ子どもと高齢者の事故防止に加え、新たに歩行者の安全確保徹底を呼びかけることにしています。
 県警察本部によりますと、20日までに発生した県内の交通死亡事故は35件、亡くなった人は36人で、前年同期より減っているものの、このところ、歩行中に事故にあう人が増えているということです。
 警察では、暑さで注意力が低下する夏場は特に、歩行者・ドライバーともに安全確認を怠らないよう呼びかけています。
 夏の交通安全県民運動は、今月30日までです。

チューリップテレビ

最終更新:7月21日(木)16時6分

チューリップテレビ