ここから本文です

ホンダとソフトバンク、人工知能「感情エンジン」活用に向けた共同研究を開始

オートックワン 7/21(木) 14:27配信

ホンダの研究開発子会社である本田技術研究所は、ソフトバンクと協力し、ソフトバンクグループ傘下のcocoro SBが開発したAI技術「感情エンジン*」のモビリティへの活用に向けた共同研究を開始する。

このニュースのフォトギャラリー

ホンダは、知能化研究開発のオープンイノベーションを更に強化するために、2016年9月を目標に東京・赤坂に知能化技術の研究開発を行う新拠点「HondaイノベーションラボTokyo」の開設準備を進めている。今回の共同研究は、AI技術のオープンイノベーションの取組みの一つとなる。

共同研究では、運転者との会話音声やモビリティが持つ各種センサーカメラなどの情報を活用することで、モビリティが運転者の感情を推定すると共に、自らが感情をもって対話するようにする。モビリティがさまざまな経験を運転者と共有し成長することで、運転者はモビリティが相棒になったような感情を抱き、更なる愛着を感じるようになることを目指す。

*「感情エンジン」についてcocoro SB株式会社が開発したAI技術で、機械自らの感情を擬似的に生成する機能を有する

最終更新:7/21(木) 14:27

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。