ここから本文です

マカオ航空が福岡線を増便へ…週5往復=10月30日から

マカオ新聞 7月21日(木)20時8分配信

 マカオ航空の日本語公式サイトによれば、関係当局の許可取得を条件とした上で、今年(2016年)10月30日からマカオ~福岡線を増便し、週5往復(月・水・木・金・日)体制とする計画とのこと。

 なお、増便に伴い、使用機材はマカオ航空の中で最も座席数の多いエアバスA321型(178~179席)からひと回り小さいエアバスA320型(150~158席)への変更を予定しているという。

 マカオ航空はマカオと日本を結ぶ直行便を自社運航する唯一の航空会社で、マカオ~福岡線は今年3月28日に週4往復(月・火・金・土)で新規開設されたばかりの路線。福岡のほか、東京(成田国際空港)、大阪(関西国際空港)との間に1日1往復就航しており、3路線とも全日空とのコードシェアを行っている。

【資料】
マカオ航空(NX)福岡(FUK)~マカオ(MFM)運航スケジュール
NX805 FUK 20:00発 MFM 22:30着
NX806 MFM 14:25発 FUK 18:55着
※2016年10月30日以降
※運航日:月・水・木・金・土
※発着時間は全て現地時間
※関係当局の許可取得が条件
※運航スケジュール及び使用機材は予告なしに変更となる可能性有り

最終更新:7月22日(金)12時18分

マカオ新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。