ここから本文です

史上最速を謳う商業4K空撮ドローン「TEAL」 18歳少年が設計

sorae.jp 7月21日(木)13時0分配信

今をときめくドローン産業ですが、その特徴としてユーザー層が若いことが挙げられます。例えば今年の3月には、15歳の少年がドローンレースの世界大会で優勝しました。そして今回、18歳のGeorge Matusさんは出資を受けて商業モデルとして史上最速を謳う4K空撮ドローン「TEAL」を開発したのです。(動画URL:https://www.youtube.com/watch?v=xAzpA6hFINk)

TEALの特徴は4K撮影やiPhoneでの簡単操作もさることながら、レーシングドローンのように最高時速70マイル(約113キロ)、状況によっては85マイル(約137キロ)で飛行できるところでしょう。またその飛行性能から時速40マイル(約64キロ)の向かい風に耐えたり、フリップやダイブ、バレルロールのように高度な操作も可能です。
 
またこのドローンはNVIDIAの組み込み用モジュール「NVIDIA TX1」を搭載しており、将来的には機械学習や自動飛行、画像認識が可能になる予定です。これらの機能はDJIやYuneecのドローンで実現されていますが、TEALのような大型でないドローンでこれらの機能が実現できるとすれば楽しみです。
 
さらにTEALはAPIを公開することでサード製アプリの開発を促進する、などの計画もあるそうです。この点も、DJIや3D Roboticsのドローンと共通しています。
 
TEALは本日より1,299ドル(約14万円)で事前予約が可能となっています。製品の出荷時期は今年のクリスマスまで。また本体は雨や雪に耐えられる防水仕様となっています。アメリカで公開されたデモではまだ完成度は低かったそうですが、市販化に向けてさらに完成度が高まることを期待したいですね!

最終更新:7月21日(木)13時0分

sorae.jp

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]