ここから本文です

竹中製作所、ロボットビジネスに参入 企業PR用など需要開拓

日刊産業新聞 7/21(木) 11:30配信

 ボルト・ナットメーカーの竹中製作所(本社=東大阪市、行俊明紀社長)は、新規事業としてロボットビジネスに参入する。中国のロボットベンチャー、UBテック社(深●市)と日本国内の代理店契約を締結、人型(二足)ダンスロボットを輸入し、今月から本格業務を開始した。当面はレンタル方式を採用して、イベントや企業のPR用などの需要を開拓し、いずれは販売につなげていく。ソフト提供やメンテナンスを含め、ロボット事業で年間1億円の売り上げ規模を目指す。

●は土へんに川

最終更新:7/21(木) 11:30

日刊産業新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。