ここから本文です

日本初のドローンレース番組はヒヤヒヤの連続? 誰もが“世界一“を狙える夢世界/<視線の先インタビュー>

トレンドニュース(GYAO) 7/21(木) 15:16配信

2016年6月11日、12日、仙台で行われたドローンレースの大会「Japan Dron Nationals」は約2,000人が押し寄せる一大イベントとなった。世界ではすでに賞金総額が1億円を超えるなど、まさに話題沸騰中のドローンレースを、ここ日本でエキストリームエンターテインメントにしようとプロたちが集まっていたのだ。
日本のドローンレースに未来はあるのか、今回のドローンレースの裏側を、エンターテイメントのプロたちに聞いた。

大注目の新世代スポーツ・ドローンレース密着映像>>

インタビュー参加者:
JDRA 小寺悠さん
日本ドローンレース協会(JapanDroneRacingAssociation)代表理事
“日本発、世界一のFPVドローン レース“を追求し、エキシビションドローンレースを開催。

TBS 石井大貴さん
6/11、12 仙台で開催された「JAPAN DRONE NATIONALS」の模様を「最強・最速は誰だ!?ドローンレース日本頂上決戦!!」として、7/23にBS放送。本件の番組プロデューサー。

BIGFACE (制作会社) 土屋大路さん
上記番組映像ディレクター

GYAO 栗尾和真さん
編成本部 本部長

―― まず皆さんがドローンレースをコンテンツにしようと思った経緯を教えてもらいたいのですが。

GYAO栗尾さん:新しいコンテンツを開拓したいという考えは常にあって、小寺さんと知り合い、すぐに一緒にやろうとなりました。その後、石井さんに「TBSチームとして協力できるかもしれない」とおっしゃっていただき、今回の取り組みがトントンと決まっていきました。

JDRA小寺さん:本当に短期間で、走りながら形が決まっていきましたよね。

―― 皆さん、ドローンレースを見た瞬間に、「エンターテインメントになる」と感じたということでしょうか?

TBS石井さん:アメリカにドローンのスピードレースのベンチャー企業がありまして、14人のパイロットが賞金を稼ぎながらドローンレースだけで生計をたてているという事実を知り、まず衝撃を受けました。あと何といってもレース映像のド迫力ですね。ドローンに搭載されたカメラの映像が、まるでスターウォーズを現実にしたようでした。あまりにも臨場感にあふれていて、これは何かやりたい!と。

GYAO栗尾さん:私は、森の中をすり抜けていく映像を見たのが最初でしたね

JDRA小寺さん:栗尾さんの言う森林の映像がドローンレースの発祥だったと言われています。あれはただドローン同士の追いかけっこだったわけですけど。あの動画が世界的にバズって、今までのラジコン愛好者が一気にドローンレースというものに熱狂しました。

TBS石井さん:小寺さんから最初に話をいただいた時、一緒に日本のレースを見に行ったんです。けれど正直、ぱっとしなかった。そこで小寺さんと話合い、理想を組み立て、一緒にやるんだったら、必要なクオリティを守ってやっていこうっていう話をしたんです。そこでクオリティの高いものといったら、やっぱりビックフェイスさんだろうと。

BF土屋さん:ありがたいお話です。でも正直言うと、これまできちんとした形でドローンレースを撮影したことがある人が日本にいなかったんです。テレビ収録をするのも恐らく初めてだと思います。日本にはホームビデオで一般の方が撮ったような映像しかなくて、やはり海外の映像を見たときに、クオリティと予算のかけ方に圧倒されました。じゃあ日本では何ができるんだろうと。正直当日まで不安でしたね(笑)。

1/4ページ

最終更新:7/21(木) 15:27

トレンドニュース(GYAO)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]