ここから本文です

9月開催の「WTCC 日本ラウンド」に道上龍の参戦が決定!

オートックワン 7/21(木) 15:30配信

ホンダは、9月3日,4日にツインリンクもてぎで開催される『FIA世界ツーリングカー選手権(WTCC)』の第9戦日本ラウンドに、道上龍選手が、Honda Racing Team JASより、4人目のワークスドライバーとしてスポット参戦することが発表された。

(写真)バルセロナでのテストの様子

道上選手は、全日本ツーリングカー選手権、全日本選手権フォーミュラ・ニッポン、スーパーGTシリーズ(旧:全日本GT選手権)などで活躍。これらの国内最高峰レースで通算11勝、51回の表彰台、11回のポールポジションを記録し、2000年に全日本GT選手権の年間チャンピオンになった、日本を代表するドライバーである。

また、レーシングチーム「ドラゴ・コルセ」を結成し、2014年からスーパーフォーミュラシリーズ、15年からはスーパーGTシリーズで監督を務めている。

各コメント

▼道上龍選手

「昨年発売された『シビック TYPE R』の開発に携わっていたこともあり、WTCCの情報はずっと見ていました。先週、バルセロナでテストをするチャンスがあり、そのときは『シビックWTCC』でレースができたらおもしろそうだなと思っていましたが、こんなに早くそのクルマでレースができるとは、思ってもみませんでした。自分のキャリアのすべてを注ぎ、全力でもてぎでのレースに挑みたいと思っています。HondaとJASモータースポーツは、すばらしいチャンスを与えてくれました。バルセロナのテストでは、非常に感触の良い、速いクルマだったので、もてぎまでに準備を完ぺきにしてレースを迎えたいと思います。」


▼堀内大資 シビック WTCC開発プロジェクトリーダー

「ホームレースで、スポット参戦とはいえ日本人ドライバーにドライブしてもらうことができ、非常にうれしいです。長年ホンダのクルマに乗っている道上選手なので、バルセロナテストでは、すぐにFF車の特性に合わせた感覚を取り戻してくれて、レギュラードライバーのハフやモンテイロと遜色のない走りを見せてくれました。もてぎラウンドまであまり時間はありませんが、JASモータースポーツと協力し、全力でサポートしていきます。日本のファンの皆さまにいい走りを見せてくれることを期待しています。」

最終更新:7/21(木) 15:30

オートックワン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。