ここから本文です

QVC、マリンの命名権解除申し入れ 千葉市と協議開始 契約は2020年まで

千葉日報オンライン 7/21(木) 14:07配信

 千葉市は21日、同市美浜区の千葉マリンスタジアムの命名権(ネーミングライツ)を持つ通販業「QVCジャパン」(同区)との契約解除に向けた協議を開始すると発表した。

 市によると、「QVCマリンフィールド」の名称は2011年3月から20年11月までの約10年間使用される契約となっているが、今年6月、同社から「会社として一定の成果を挙げることができた」として契約終了の申し入れがあったという。

 契約金額は年間2億7500万円で、総額27億5千万円。同球場はプロ野球・千葉ロッテマリーンズの本拠地で、QVC社は、市と球団それぞれに毎年1億3750万円を支払う契約になっている。

最終更新:7/21(木) 17:53

千葉日報オンライン