ここから本文です

ジョコビッチやセリーナ、全米OPエントリー・リスト発表<テニス>

tennis365.net 7月21日(木)12時5分配信

全米オープン

8月29日から開幕するテニスの全米オープン(アメリカ/ニューヨーク、ハード、グランドスラム)は20日、世界ランキングから本戦へストレートインの選手を発表し、女子で1位のS・ウィリアムズ(アメリカ)と男子で1位のN・ジョコビッチ(セルビア)らエントリー・リストに名を連ねた。

全米OP 賞金額過去最高に

現在、セリーナはS・グラフ(ドイツ)と並び女子テニス史上最多となるグランドスラムで22度の優勝を飾っており、地元で開催される全米オープンで新たな記録に臨む。ジョコビッチは、この7年間で6度目の決勝進出を狙う。

全米テニス協会が発表したところによると、世界ランキングで男子は98位までの全ての選手、女子では103位までの101人が本戦で戦う。

女子でエントリーを見送っている選手は2006年に優勝したM・シャラポワ(ロシア)。現在はドーピング違反による暫定的な出場停止処分中で、不服とし控訴している。もう1人は過去に2度の準優勝を飾ったV・アザレンカ(ベラルーシ)で、15日に妊娠を公にして今季の活動を終了することを明かした。

セリーナは自身が持つ22度のグランドスラム優勝の中で全米オープンでは6度タイトルを獲得しており、最後に優勝したのは2014年。昨年は年間グランドスラム達成をかけて臨んだ全米オープンだったが、準決勝でR・ビンチ(イタリア)にまさかの敗戦を喫した。

過去に全米オープンで優勝経験がある選手でエントリー・リスト入りしたのは、セリーナの実の姉であるV・ウィリアムズ(アメリカ)、S・ストーサー(オーストラリア)、そしてS・クズネツォワ(ロシア)。

怪我などでツアー離脱した選手に適応されるプロテクト・ランキングで本戦入りしたのはS・ペン(中国)、G・ウォスコボエワ(カザフスタン)、そしてV・ディアチェンコ(ロシア)の3選手。

男子のエントリー・リストには5人の元チャンピオンが含まれている。ジョコビッチ、R・フェデラー(スイス)、A・マレー(英国)、R・ナダル(スペイン)、そしてM・チリッチ(クロアチア)。

また、J・ベネトー(フランス)、J・ティプサレビッチ(セルビア)、B・ベイカー(アメリカ)、T・コキナキス(オーストラリア)、D・ツルスノフ(ロシア)、そしてJ・ヤノヴィッツ(ポーランド)の6選手がプロテクト・ランキングでエントリーしている。

2009年のチャンピオンであるJ・M・デル=ポトロ(アルゼンチン)はダイレクトイン出来るだけのランキングがなく、主催者推薦枠を与えられない限り本戦への道はない。度重なる手首の怪我のため、2013年以降の全米オープンに出場していない。

男女それぞれ8選手が主催者推薦を受けて本戦で戦う。そして、16選手が本戦に先駆けて行われる予選を勝ち抜いて本戦へ臨む。

8月29日から開幕する今季最後のグランドスラムである全米オープンは、女子シングルス決勝戦が9月10日、男子シングルス決勝戦が9月11日に行われる。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:7月21日(木)12時5分

tennis365.net