ここから本文です

広島大瀬良、今季初先発は3回4失点で抹消へ 緒方監督「初登板だったし…」

Full-Count 7/21(木) 9:23配信

ストレートの威力足りず「真っ直ぐでファールが取れなかった」

 広島の大瀬良大地が20日の中日戦に先発し、3回4失点で降板した。今春キャンプで右ひじを故障し、今季初先発となったが、「(ピッチングの)状態としてはあまりよくなかった」と肩を落とした。

広島、絶好調でセ・リーグ独走…2016年NPB順位表

 初回から大島に先頭打者本塁打を浴びるなど、3安打を許して2点を先制された。2回には、2死を取った後、大島、エルナンデスの連打で失点し、味方打線が1点を返した直後の3回にも平田のタイムリーで4点目を献上した。

「真っ直ぐでファールが取れなかった」と本人が振り返ったように、ストレートの威力は、昨年までの状態には程遠いものだった。「追い込んでから打たれたり、2アウトから打たれたりと、打ちとらないといけないところで打たれたのがよくなかった」と反省した。

「試合を作るための基本的なことができなかった。しっかり反省していきたい」という大瀬良に対して、緒方監督は「初登板だったし、下でいい調整をしても、こういう雰囲気の中でいきなり力を出すことは難しい」とかばったが、チームの状態や大瀬良本人の状態も考慮され、一軍登録は抹消となる見込みだ。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:7/21(木) 9:23

Full-Count

なぜ今? 首相主導の働き方改革