ここから本文です

杉田祐一 チョリッチにストレート負けで3回戦進出ならず<男子テニス>

tennis365.net 7月21日(木)12時51分配信

シティ・オープン

男子テニスのシティ・オープン(アメリカ/ワシントン、ハード、ATP500)は20日、シングルス2回戦が行われ、世界ランク106位の杉田祐一(日本)は第16シードのB・チョリッチ(クロアチア)に4-6, 4-6のストレートで敗れ、3回戦進出とはならなかった。

杉田祐一 元25位に逆転勝利

1回戦では元世界ランク25位のV・ポスピシル(カナダ)を逆転で下して初戦突破を果たしていたが、この日は1時間36分で力尽きた。

今シーズン、杉田は1月の全豪オープンで予選3戦を勝ち抜き、大会初の本戦出場。下部大会では2月の島津全日本室内テニス選手権大会で優勝を飾った。

シティ・オープンには今回が5度目の出場で、過去はいずれも予選を突破するも本戦では初戦敗退。昨年は予選1回戦で敗れ、今回初の本戦ストレートインだった。

一方、勝利したチョリッチは、3回戦で第2シードのG・モンフィス(フランス)と対戦する。モンフィスは2回戦で世界ランク71位のルー・イェンスン(台湾)をストレートで下しての勝ち上がり。

また、日本勢では西岡良仁(日本)も出場していたが、同日の2回戦で第14シードのG・ミュラー(ルクセンブルグ)にストレートで敗れた。

その他では第1シードのJ・イズナー(アメリカ)、第3シードのB・トミック(オーストラリア)、第5シードのS・ジョンソン(アメリカ)、第6シードのJ・ソック(アメリカ)、第7シードのA・ズベレフ(ドイツ)らも同日に3回戦進出を決めている。

tennis365.net

最終更新:7月21日(木)12時51分

tennis365.net

豊洲へなぜ市場移転 経緯と課題

築地から市場が移転される豊洲で、都が土壌汚染対策をしていなかったことが発覚。そもそもなぜ豊洲に移転するのか、経緯と課題を知る。