ここから本文です

滑川の男女2人死亡事故 過失運転致死傷罪で男を起訴/富山

チューリップテレビ 7月21日(木)21時33分配信

 去年7月、滑川市の国道8号線で車3台が衝突し、10代の男女2人が死亡した事故から1年です。

 富山地検は最初に追突した車を運転していた射水市の22歳の男を過失運転致死傷の罪で起訴しました。
 過失運転致死傷の罪で起訴されたのは射水市の建設作業員、勝井柾雄被告(22)です。
 この事故は、去年7月、滑川市上島の国道8号線で車4台で集団走行していた若者グループの車3台が衝突し、このうちの1台を運転していた上市町の19歳の少年と助手席にいた富山市の18歳の少女が死亡したものです。
 起訴状によりますと、勝井被告は、時速およそ98キロで車を運転中、ハンドルを的確に操作せず前を走る車に追突し、3台が絡む事故を起こして2人を死亡させたなどとされています。
 法定速度は60キロでした。
 勝井被告は事故の直後過失運転致死傷の疑いで逮捕されたあと、処分保留で釈放されていました。

チューリップテレビ

最終更新:7月21日(木)21時33分

チューリップテレビ