ここから本文です

トルコ大統領、3か月の非常事態を宣言 「テロ組織追い詰める」

AFPBB News 7月21日(木)16時33分配信

(c)AFPBB News

【7月21日 AFP】トルコのレジェプ・タイップ・エルドアン(Recep Tayyip Erdogan)大統領は20日、先週のクーデター未遂を受けて3か月間の非常事態を宣言した。事件の背後にいる「テロリスト」組織を追い詰めて排除していくとも表明した。

 エルドアン大統領は今回のクーデター未遂について、自身の最大の政敵で米国在住のイスラム教指導者フェトフッラー・ギュレン(Fethullah Gulen)師の支持者が企てたと糾弾しており、これまでに共謀の疑いで約5万人の拘束や解雇に踏み切っている。

 首都アンカラ(Ankara)の大統領府で会見したエルドアン大統領は、非常事態宣言について「クーデターの試みに関与したテロ組織の分子を早急に一掃するために」必要だとの考えを示した。

 これにより国の安全保障に関わる権限が大幅に拡大することになるが、エルドアン大統領は「民主主義に関して妥協はない」と強調した。

 映像は、弔問記帳する人々や、イスタンブール市内のタクシム広場で集会に参加するエルドアン大統領の支持派。(c)AFPBB News

最終更新:7月22日(金)15時51分

AFPBB News

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。