ここから本文です

中日大島、最後にシングルでサイクル安打 執念の一打「ここまできたら…」

Full-Count 7月21日(木)9時33分配信

4打席目はショートとレフトの間に落ちるヒット、「落ちてくれ」

 20日の広島戦で、中日の大島洋平がサイクル安打を達成した。第1打席で先頭打者本塁打を放った大島は、2回にレフトへの二塁打、4回には左中間を抜ける三塁打、6回にはショートの後方に落ちる安打を放ち、4打席で記録を達成した。

 記録のかかった第4打席。大島は「シングルが最後に残ったので、可能性は高いと思っていた。ここまできたら、なんとか打ちたいと思った」と打席へ向かった。「打席に入る時は、そんなに意識していなかったが、やっぱりちょっと緊張していた」といい、初球ボールの後、見逃し、ファールでカウント1-2と追い込まれた。

 そして4球目、低めにボール球になるフォークをすくい上げた打球は、ショートの後方に上がるフライとなった。「落ちてくれ、という感じだった」という思いの通り、打球はショートとレフトの間に落ち、記録達成となった。

 史上64人目、中日では2004年の巨人戦でアレックスが達成して以来となる快挙を達成し、「監督におめでとう、と言われた」という大島。試合後に記念のボールを受け取ったが、「誰かにあげるか、部屋に飾るか。どうするかはこれから考えます」と笑顔を見せた。

 大島の活躍でチームは同一カード3連敗を免れ、マツダスタジアムで今季初勝利となった。

大久保泰伸●文 text by Yasunobu Okubo

最終更新:7月21日(木)9時33分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。