ここから本文です

レストラン電車「52席の至福」、10~12月は借金なし味噌や熊本食材登場 西武

乗りものニュース 7月21日(木)18時6分配信

8月5日からウェブサイトで予約受付開始

 西武鉄道は2016年7月21日(木)、車窓を楽しみながら全席で本格的なコース料理を味わえる観光電車「西武 旅するレストラン 52席の至福」について、今年10~12月の監修シェフやコース内容、運行スケジュールなどを発表しました。

 ブランチコースの監修は、東京・銀座のレストラン「ラ・リュシオール(La Luciole)」でスーシェフ(副料理長)を務める野田達也さん。前菜には「埼玉、熊本野菜の宴」が、メインには「借金なし味噌でマリネしたあか牛のパイ包み焼き」が提供される予定です。コース内の料理には、熊本地震の復興支援の一環として、熊本県産の食材が一部使用されます。ちなみにメイン料理に使われる「借金なし味噌」とは、主に埼玉県秩父地方で栽培されている「借金なし大豆」という品種の大豆で作られた味噌のことです。

 ディナーコースは「ラ・ベットラ・ダ・オチアイ(LA BETTOLA da Ochiai)」(東京都中央区ほか)のオーナーシェフ、落合 務さんが監修。メインに「牛カツレツ トリュフペースト」、パスタに「ウニのスパゲッティ」などの料理が提供される予定です。

 今回発表されたコース料理を提供する「52席の至福」は、10月1日(土)から12月17日(土)までのあいだ、土休日を中心に池袋~西武秩父間で運行されます。旅行代金は、ブランチコースが1万円、ディナーコースが1万5000円です。代金は税込で、「西武線1日フリーきっぷ」とコース料理、おみやげ(ディナーコースのみ)が含まれます。なお、「西武プリンスドーム」(埼玉県所沢市)でイベントなどが開催される日は、「52席の至福」の運行区間が西武新宿~西武秩父間に変更されることがあります。

 10~12月分の予約受付は、専用ウェブサイトで8月5日(金)14時から、電話で8月9日(火)午前9時30分からそれぞれ開始される予定です。

「52席の至福」は4000系電車を改造した4両編成の車両を使用。車内デザインは東京大学教授で建築家の隈 研吾さんが担当しています。車内自動放送を務めたのは“女子鉄アナウンサー”として知られる久野知美さん。車内チャイムは、鉄道関係の音楽を多数手掛けているミュージシャンの向谷 実さんが作曲、演奏しています。

乗りものニュース編集部

最終更新:7月21日(木)19時25分

乗りものニュース

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]