ここから本文です

青山修子/尾崎里紗が準決勝進出 [ワシントンDC/女子テニス]

THE TENNIS DAILY 7月21日(木)10時57分配信

「シティ・オープン」(WTAインターナショナル/アメリカ・ワシントンDC/7月18~24日/賞金総額25万ドル/ハードコート)の女子ダブルス準々決勝で、青山修子(近藤乳業)/尾崎里紗(江崎グリコ)が第2シードのナオミ・ブローディ(イギリス)/加藤未唯(佐川印刷)を6-2 6-3で倒してベスト4進出を果たした。試合時間は55分。

 青山/尾崎は1回戦で対戦予定だったフランソワーズ・アバンダ(カナダ)/バルバラ・フリンク(ロシア)が棄権したため、不戦勝で勝ち上がっていた。尾崎は前日に行われたシングルス1回戦で前年の優勝者で第2シードのスローン・スティーブンス(アメリカ)を6-2 6-1で破っており、2回戦でブローディと対戦予定となっている。

 青山/尾崎は準決勝で、第3シードのニコール・メリチャー(アメリカ)/シュー・シリン(中国)と対戦する。メリチャー/シューは準々決勝で、桑田寛子(島津製作所)/ジュ・リン(中国)を6-2 5-7 [10-2]で下しての勝ち上がり。

(テニスマガジン/Tennis Magazine)

最終更新:7月21日(木)10時57分

THE TENNIS DAILY

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]