ここから本文です

第2シードを破る金星の20歳カチャノフ「自分でも驚き」<男子テニス>

tennis365.net 7月21日(木)16時15分配信

ジェネラリ・オープン

男子テニスツアーのジェネラリ・オープン(オーストリア/キッツビューヘル、レッドクレー、ATP250)は20日、シングルス2回戦が行われ、第2シードで昨年覇者のP・コールシュライバー(ドイツ)は世界ランク104位の20歳 K・カチャノフ(ロシア)に4-6, 4-6のストレートで敗れる波乱に見舞われた。

カレン・カチャノフ 選手詳細情報

第1セットでいきなりゲームカウント0-4とリードを許したコールシュライバーは、試合を通してカチャノフに5度もブレークを許してしまった。

大金星を飾ったカチャノフは「前年度チャンピオンを倒すなんて、自分でも驚いている。これはテニス人生でも最大の勝利の1つ」と喜びを語った。

準々決勝では、M・ズベレフ(ドイツ)を6-4, 6-4で倒した第6シードのD・ラヨビッチ(セルビア)と顔を合わせる。

また、3年前に優勝した第3シードのM・グラノジェルス(スペイン)はA・パヴラセクに2-6, 4-6のストレートで敗れ、2回戦で姿を消した。

パヴラセクはN・バシラシヴィリ(グルジア)と準々決勝を行う。この日、バシラシヴィリはI・セイスリン(オランダ)を6-4, 4-6, 6-2のフルセットで下しての勝ち上がり。

その他、シード勢で準々決勝進出を果たしたのは、第4シードのP・ロレンジ(イタリア)、第8シードのJ・シュトルフ(ドイツ)。

第1シードのD・ティエム(オーストリア)も元世界ランク8位のJ・メルツァー(オーストリア)に敗れ、初戦敗退となった。

(STATS - AP)

tennis365.net

最終更新:7月21日(木)16時15分

tennis365.net