ここから本文です

中田英寿の元ボスがイングランド代表監督就任へ 24時間以内に“ビッグサム”政権誕生と英メディア

theWORLD(ザ・ワールド) 7月21日(木)13時0分配信

サッカーの母国は若手と共に成長できるか

どうやらロイ・ホジソンの後を継いでイングランド代表を率いるのは、サンダーランドのサム・アラダイス監督になるようだ。

先にフランスで開催されたユーロ2016ではウェイン・ルーニーやハリー・ケイン、ラヒーム・スターリング、そしてジェイミー・バーディといった豪華なメンツを揃えながら、アイスランドに敗北し大会を後にしていたイングランド。様々な候補者の名前がメディアを騒がせ、注目を集めていたイングランドサッカー協会による人事だが、英『BBC』は61歳の“ビッグサム”こと名将アラダイスがその座を射止めることになると伝えた。同監督はこれまでにブラックプールやボルトン、ニューカッスル、ウェストハムといったクラブを指揮し、2015年から現在のサンダーランドを率いるベテラン監督で、ボルトン時代には元日本代表の中田英寿も指導している。

エヴァートンのジョン・ストーンズやトッテナムのデレ・アリなど多くの若手選手が台頭し始めているイングランド代表だが、老練なアラダイスはどのようにチームを作り込んでいくだろうか。英『sky SPORTS』も彼の正式な就任が24時間以内に発表されるだろうと伝えており、もう間もなくイングランドサポーターの耳に届くことになりそうだ。

http://www.theworldmagazine.jp

最終更新:7月21日(木)13時0分

theWORLD(ザ・ワールド)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。