ここから本文です

明暗分けた新戦力の前半戦、最優良株はソフトバンク和田毅

Full-Count 7月21日(木)14時22分配信

折り返した後半戦、優勝の行方を左右する新戦力の活躍

 プロ野球はオールスターブレイクを終え、18日から後半戦へ突入した。

 セ・リーグは首位・広島が20日までに2位・巨人に10ゲーム差を付けて独走。一方のパ・リーグは首位・ソフトバンクを2位・日本ハムが猛追。最大11.5ゲーム差が開いたが、20日までに4.5ゲーム差に縮めた。

広島とソフトバンクが牽引…2016年NPB順位表

 勝負の夏。昨オフに海外からの復帰組やFA権を行使し国内移籍した選手、戦力外通告後に他球団へ移籍した選手たちは何をしているのか。前半戦の成績を振り返ってみたい。

 新戦力として活躍が目立つのがソフトバンク・和田毅だ。古巣復帰後初勝利となった4月12日の西武戦(西武プリンス)から自身6連勝をマークするなど、リーグトップタイの9勝。首位を走るチームの先発ローテの軸として奮闘し、オールスターにも出場した。阪神・藤川球児は先発として開幕ローテ入り。しかし、1勝2敗、防御率6.12と振るわず、5月14日のDeNA戦(横浜)からリリーフ転向した。中継ぎ、抑えでは21登板で防御率3.05。火の玉ストレートの完全復活が待たれる。

首位独走の広島は“つなぎの4番”ルナが活躍

 FA移籍組では楽天・今江敏晃は開幕から「5番・三塁」を任されたが、4月中旬に死球で左尺骨骨挫傷。5月の1軍復帰後には打撃不振で約1か月の2軍調整が続いた。西武・木村昇吾は6月22日の練習中に右膝前十字靭帯断。阪神・高橋聡文が開幕から11試合連続無失点を記録するなど1軍ブルペンを支えている。

 国内移籍組では広島・ルナは4月中旬に右太もも裏を痛めて2軍調整を経験したものの、打率3割を残す安定した打撃は健在。好調カープ打線のつなぎの4番として奮闘している。ヤクルト・坂口智隆は開幕から打率3割前後の安定した打撃を見せ、5月下旬から2番に固定。6月8日の楽天戦(コボスタ宮城)では通算1000本安打を達成した。巨人・クルーズは新天地で攻守で存在感を見せていたが、6月中旬から故障のため離脱。早期復帰が待たれる。

 各球団の新戦力が、これからどんな活躍を見せるのか。後半戦も注目していきたい。

 主な新戦力の前半戦成績は以下の通り。※かっこ内は前所属球団。

▽海外などからNPB復帰

〇阪神・藤川球児投手(四国IL高知)
26試合登板(45回2/3)、3勝5敗2セーブ、10ホールド、防御率4.73

〇ソフトバンク・和田毅投手(カブス)
15試合登板(97回2/3)、9勝3敗、防御率3.32

▽国内FA移籍

〇阪神・高橋聡文投手(中日)
36試合登板(26回2/3)、3勝1敗0セーブ、16ホールド、防御率4.05

〇巨人・脇谷亮太内野手(西武)
31試合出場、打率.117、0本塁打、2打点

〇楽天・今江敏晃内野手(ロッテ)
38試合出場、打率.278、0本塁打、12打点

〇西武・木村昇吾内野手(広島)
38試合出場、打率.221、0本塁打、5打点

▽国内移籍

〇広島・ルナ内野手(中日)
37試合出場、打率.302、2本塁打、21打点

〇巨人・金伏ウーゴ投手(ヤクルト)
1軍登板なし

〇巨人・クルーズ内野手(ロッテ)
試合出場、打率.260、6本塁打、25打点

〇DeNA・久保裕也投手(巨人)
3試合登板(3回)、0勝0敗、防御率9.00

〇DeNA・ザガースキー投手(広島)
18試合登板、1勝0敗0セーブ、2ホールド、防御率2.75

〇中日・大場翔太投手(ソフトバンク)
1軍登板なし

〇中日育成・多村仁志外野手(DeNA)
1軍出場なし

〇ヤクルト・鵜久森淳志外野手(日本ハム)
13試合出場、打率.143、1本塁打、1打点

〇ヤクルト・坂口智隆外野手(オリックス)
87試合出場、打率.295、0本塁打、32打点

〇日本ハム・米野智人捕手兼2軍バッテリーコーチ(西武)
1試合出場、打席なし

〇楽天・金無英投手(ソフトバンク)
2試合登板(2回)、0勝0敗1ホールド、防御率4.50

〇楽天・山内壮馬投手(中日)
1試合登板(0回1/3)、0勝0敗、防御率0.00

〇楽天・川本良平捕手(ロッテ)
11試合出場、打率.158、0本塁打、2打点

〇西武・竹原直隆外野手(オリックス)
22試合出場、打率.200、1本塁打、6打点

〇オリックス・大田阿斗里投手(DeNA)
1軍登板なし

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月21日(木)14時36分

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]