ここから本文です

10試合ぶり敗戦の清水FW鄭大世 “朝起きた時には”次節に切り替え「相手は強い千葉なので……」

theWORLD(ザ・ワールド) 7月21日(木)17時20分配信

フクアリ決戦へ

J2リーグ第24節が20日に開催され、清水エスパルスはホームで東京ヴェルディと対戦。前節は後半アディショナルタイムの失点で勝利を逃した清水は悪い流れを断ち切れず、東京V戦も0-1で敗北を喫した。清水FW鄭大世は試合を振り返り、今後の意気込みを語っている。

東京V戦では4試合連続ゴールが期待された鄭大世は序盤からポストプレイで存在感を発揮し、68分にはミドルシュートでゴールを狙うが最後まで得点は奪えず。試合後には10試合振りの敗戦を振り返り、「9戦負けてなくて勢いがあったのに、久々に負けると正直ショックも大きいです」と語っている。Jリーグ公式サイトがコメントを伝えた。

しかし鄭大世は「今の時点ですぐに切り替えてというのはきついですけど、明日の朝起きた時には切り替える」とコメント。「次の相手は強い千葉なので、そこで踏ん張れなかったらズルズル落ちると思うし、一歩踏ん張ればまた負けなしでいけると思うので、次の試合にしっかりと切り替えて、声を掛け合って、お互いに鼓舞し合って、次の試合に挑みたいと思います」と意気込みを語った。

その千葉との一戦は24日、千葉のホームスタジアムであるフクダ電子アリーナで行われる。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月21日(木)17時20分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合