ここから本文です

【高校野球】山形中央のイチロー決勝戦で涙 延長戦で敗れ、2年ぶりの甲子園ならず

Full-Count 7/21(木) 17:02配信

宿命を背負ったイチロー、2安打記録も8回と10回の好機で凡退

 第98回夏の甲子園山形大会の決勝戦が21日行われ、鶴岡東が10-8、逆転で山形中央に勝利し、2年連続5度目の出場を決めた。2年ぶり3度目の甲子園出場を目指した山形中央は惜しくも涙。山形のイチローこと、主将の鈴木一朗選手(3年)は、聖地まであと一歩のところで、夢敗れた。

 鈴木は「1番・遊撃」でスタメン出場し、初回の打席で中前安打で出塁。盗塁も決めると、3番・梶熊のタイムリーで生還。チームに勢いを与えた。鈴木は2安打とマルチヒットをマークしたが、8回とサヨナラのチャンスの10回の勝ち越し機に凡退した。

 準々決勝では決勝打を放つなどチームを引っ張った鈴木。名前はイチローファンの父に命名され、宿命を背負ってきた。今季、イチローが日米最多安打の記録を塗り替えるなど話題があがるたび、刺激を受けてきた。周囲の目が自分に向いているのも理解していたという。巧みなバットコントロールと走塁、強い心でチームを引っ張った。チームは10回には2点勝ち越されても追い付いたが、11回に2点を再び勝ち越され、今度は追いつけなかった。

 2年前の甲子園出場時もベンチ入りし、初戦の小松(愛媛)戦で「2番・二塁」で先発。2つの犠打と三振と死球で、2戦目以降は出場がなかった。最後の夏は聖地初ヒットと2年前の16強超えを目指していくつもりだったが、惜しくも甲子園に届かなかった。

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7/21(木) 17:05

Full-Count

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

E.T.は(多分)いる -- 心して待て
SETIの研究者であるセス・ショスタックは24年以内に地球外生命体を発見できると賭けを申し出ます。そうでなければコーヒーを一杯おごると。何故、発見できるのか。そして、はるかに進んだ社会を発見することによって人類はどう影響を受けるのかについて語ります。