ここから本文です

ローマ、エンポリへレンタル移籍していたGKスコルプスキとの契約を5年延長 8月1日にチームへ合流

theWORLD(ザ・ワールド) 7月21日(木)17時50分配信

本来は2年間のレンタル移籍だった

20日、ローマに所属するポーランド人GKルカシュ・スコルプスキがクラブとの契約を2021年6月末まで5年延長したと彼のマネージメント会社『BMG-SPORT』が発表した。

現在25歳のスコルプスキは、ポーランド代表の各年代でプレイし、フル代表での出場経験も持っている。クラブでは2013年7月にローマへ加入。しかし、彼は正GKである元イタリア代表のモルガン・デ・サンクティスのバックアップとして出場する程度で、満足のいくプレイ時間を与えてもらえず。すると、昨季はエンポリへレンタル移籍。同クラブではスタメンの座を見事に勝ち取り、リーグ戦31試合に出場してチームのセリエA残留へ貢献した。

そんな中、エンポリのスポーツディレクターであるマルチェロ・カルリ氏がスコルプスキについて「彼は8月1日からローマへ復帰する予定だよ。本来、彼のレンタル移籍の期間は2年間だったんだけどな」と不満を漏らした。伊『Corriere Giallo Rosso』が伝えている。

ブラジル代表GKアリソンを獲得しているローマだが、はたしてスコルプスキは開幕戦でスタメンに名を連ねることができるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月21日(木)17時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]