ここから本文です

打率5割&7発の広島新井、8年ぶり月間MVPなるか 筒香とハイレベルな争い

Full-Count 7月21日(木)18時0分配信

首位広島から13選手中4選手が候補入り

 日本野球機構(NPB)は21日、7月度の「日本生命月間MVP賞」の候補選手を発表。セ・リーグでは候補に挙がった全13選手のうち、首位を快走する広島から新井貴浩ら4選手の名前が挙がっている。

2016年 セ・リーグ&パ・リーグ 順位表

 投手部門の候補選手ではジョンソン、岡田明丈の2投手。打者部門の候補選手では新井貴浩、鈴木誠也の2選手が挙がっている。

 注目されるのがベテラン・新井だ。ここまで打率5割、20打点は“月間打撃2冠王”。2、3日のDeNA戦(横浜)で2試合連続アーチ。12日の巨人戦(マツダスタジアム)では3年ぶりの1試合2発を含む4安打5打点と大爆発した。ここまで11試合中4試合で3打点以上をマーク。10本塁打、19打点のDeNA・筒香嘉智らとのハイレベルな争いとなりそうだ。

 新井は球団タイ記録の6試合連続本塁打を放った2005年6月に月間MVPを初受賞。同年はシーズン43発で本塁打王に輝いた。また、阪神時代の08年3・4月でも受賞している。

 通算300本塁打まであと1本に迫る新井。今後も好調を維持して8年ぶり3度目の受賞を引き寄せ、打撃完全復活とチームの首位独走へつなげたいところだ。

セの候補選手は…

【セ・リーグ投手部門 候補選手】(成績は7月20日時点)
巨人・田口麗斗
3試合登板、2勝0敗、防御率1.08

巨人・菅野智之
2試合登板、1勝0敗、防御率1.20

阪神・メッセンジャー
3試合登板、1勝1敗、防御率1.29

広島・ジョンソン
3試合登板、2勝0敗、防御率1.71

広島・岡田明丈
3試合登板、2勝1敗、防御率3.72

巨人・内海哲也
3試合登板、2勝1敗、防御率3.94

【セ・リーグ打者部門 候補選手】
広島・新井貴浩
11試合出場、打率.500、7本塁打、20打点

広島・鈴木誠也
13試合出場、打率.426、3本塁打、12打点

ヤクルト・山田哲人
13試合出場、打率.408、3本塁打、8打点

DeNA・筒香嘉智
15試合出場、打率.407、10本塁打、19打点

DeNA・梶谷隆幸
15試合出場、打率.392、0本塁打、7打点

中日・大島洋平
14試合出場、打率.379、1本塁打、3打点

ヤクルト・雄平
13試合出場、打率.375、0本塁打、7打点

フルカウント編集部●文 text by Full-Count

最終更新:7月21日(木)18時1分

Full-Count

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月29日(木)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。