ここから本文です

ゲッツェ、まもなくドルトムント復帰へ 指揮官、チームメイトも幸運を祈る

theWORLD(ザ・ワールド) 7月21日(木)19時50分配信

古巣復帰で幸せになれるか

バイエルンに所属するドイツ代表MFマリオ・ゲッツェの“禁断復帰”がいよいよ現実のものとなろうとしている。

二転三転としてきたゲッツェの去就。しかしバイエルン、ドルトムント関係者はそれぞれ移籍が近いことを認めており、ゲッツェの古巣復帰は決定間近だ。それに伴い、バイエルンのカルロ・アンチェロッティ監督も同選手に関してコメントしている。独『sport1』が伝えた。

「彼がチームを離れたいなら私は彼の幸運を祈るよ。我々は素晴らしいチームだ」

また、チームメイトのフランク・リベリも「マリオの幸運を祈る。3年をともにしたし、彼が恋しくなるだろうね。ただ彼はまたフットボールを楽しまなければならない」と話した。

結局バイエルンで大きなインパクトを残すことはできなかったゲッツェ。ドルトムントのファンは“裏切り者”である彼を歓迎することはできるのだろうか。

http://www.theworldmagazine.jp/

最終更新:7月21日(木)19時50分

theWORLD(ザ・ワールド)

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。