ここから本文です

ペーター・ザウバーが引退。自身のチーム存続を見届け「6年前の苦労が実った」

オートスポーツweb 7月21日(木)9時16分配信

 ザウバー・グループが売却されて所有権が移ることが発表され、これに伴い、F1チーム創設者でザウバーの取締役会長ペーター・ザウバーが引退することが明らかになった。
 
 20日、株主でスイスの投資会社ロングボウ・ファイナンスS.A.が、ザウバー・グループの持ち株会社であるザウバー・ホールディングAGを完全に取得することが発表された。ザウバーF1チームに関しても会社自体に関しても名称は変更されず、モニシャ・カルテンボーンはCEOおよびチーム代表の座にとどまるが、ペーター・ザウバーはすべての職務から身を引くことが決まった。ロングボウ・ファイナンスの会長およびCEOであるパスカル・ピッチ氏がザウバー・ホールディング会長として後任を務める。
 
「モニシャ・カルテンボーンと私は、F1チームおよびザウバー・グループの将来を確保する契約書に、昨日署名した」とペーター・ザウバー。
「6年前、ヒンウィルの本拠とF1におけるポジションを確保するため、私はチームを買い戻すという勇敢な投資を行った。それが正しい行動であったということが証明され、非常に喜ばしい」

2011年ザウバー新車発表会 ペーター・ザウバーと小林可夢偉


 ザウバー氏が立ち上げたチームは1993年からF1に参戦、2006年から2009年まではBMWのワークスチームとして活動した。BMWは2009年末でF1から撤退、ザウバー氏はチームを救済するために買い戻し、2010年以降もF1活動を継続した。
 
 経済的に苦しい状況のなか、参戦を続けてきたザウバーだが、今年は特に苦境に陥っており、合同テストを欠席、従業員へのサラリー支払いが遅れるなど、危機的状況にあることが伝わってきていた。
 チーム存続のため、カルテンボーンは奔走し続け、新オーナーとの契約を確保することで倒産の危機を脱した。

[オートスポーツweb ]

最終更新:7月21日(木)18時26分

オートスポーツweb

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]