ここから本文です

フォース・インディア「今季の開発は終了したが、選手権4位を狙う」と宣言

オートスポーツweb 7月21日(木)19時59分配信

 フォース・インディアのチーム代表ビジェイ・マリヤは、すでにチームが2016年マシンの開発を終了しているにもかかわらず、F1コンストラクターズ選手権4位という、チームにとって歴史的偉業の達成は可能だと自信を示している。

ライバルのウイリアムズも、そろそろ今季アップデートは打ち止めか

 フォース・インディアは、昨年チーム史上初の選手権5位でシーズンを終えた。現在マリヤが狙っているのは、やや苦戦しているウイリアムズを抜いて4位の座を奪うことだ。

 今季ウイリアムズがまずまずのスタートを切ったのに対して、フォース・インディアは序盤戦で出遅れ、第5戦の終了時点で両者の間には51点もの差があった。だが、ウイリアムズが第10戦イギリスGPを今季初の無得点で終えたのに対し、フォース・インディアはセルジオ・ペレスが6位、ニコ・ヒュルケンベルグが7位に入って合計14点を稼ぎ、現在の得点差は19点となっている。

「とてもハッピーだ」と、マリヤは語った。

「以前から言っているように、チームとしての目標は選手権4位にある。私たちは、ここ(イギリスGP)で14点を獲得し、あと11レースを残してウイリアムズとの差はわずか19点でしかない」

「しかも私たちの最新のアップデートは、まだ最適化が済んでいない状態なのだから、いちだんと今後が楽しみだ。思わず頬が緩んでしまうよ」

 スペインGPで導入されたアップデートは、新しいフロントウイング、フロア、そしてサイドポンツーンを含めたボディワークの改良がメインの内容だった。

「アップデートに含まれる細かいパーツのなかには、まだ製作中でクルマには取りつけられていないものもある」とマリヤは言う。

「それに加えて、アップデートされたマシンのポテンシャルを最大限に引き出すには、セットアップの最適化が必要だ」

「シルバーストンはいくつもの高速コーナーを持つコースだが、このアップグレードは低速コーナーと高速コーナーが混在するコースで真価を発揮するはずなんだ。これまでフォース・インディアのクルマは低速コーナーを、やや苦手とするところがあったからね。全体としてアップグレードには満足しており、今後の見通しについても楽観的だ」

 一方で、マリヤはチームが、すでに2017年のクルマの開発に専念していることを認めた。レギュレーションが大きく変わる年に、チームの命運を分けるような大きなギャンブルはできないからだという。

「ウイリアムズに勝ちたい一心で、私が2016年マシンの開発を続けたいと言ったら、結果として2017年の新車の開発を遅らせることにもなりかねない。来年はトップレベルの競争力を手に入れる大きなチャンスであり、そのチャンスを逃したくない」

「そのためには本当に優れた新車を作ることに全力を傾け、リソースの100%を2017年の開発に投入する必要がある。つまり、もうこれ以上、今年のクルマの開発は行わないということだ。先ほど私が言った、まだ製作中のアップデートの残りを別とすれば、現状のマシンでシーズンの終わりまで戦うことになる」

「だがシルバーストンでのパフォーマンスを見る限り、それでも、かなりのところまで行けるはずだ」


[オートスポーツweb ]

最終更新:7月21日(木)19時59分

オートスポーツweb