ここから本文です

トランプの娘、ティファニーが昔歌手デビューしていたことが発覚

Billboard Japan 7月21日(木)18時35分配信

 クイーンの「伝説のチャンピオン(We Are the Champions)」を許可なく使用するなど、今年のアメリカ共和党全国大会では音楽(やその無断使用)について度々話題にのぼるなか、ドナルド・トランプ大統領候補の家族に歌手デビューの経験のある人物がいることが明らかになった。

 トランプ候補と2番目の妻、マーラ・メイプルズの間にできた娘、ティファニー・トランプ(22)が同大会で表舞台に飛び出し、初のスピーチを披露。さぞかしマイクの前で気持ち良かったことだろう、彼女は10代の時に一瞬、ポップス界でのキャリアを経験しているからだ。

 カレッジを最近卒業したばかりのティファニーだが、歌手としてあまり成功しなかったものの2011年に「Like a Bird」(feat.スプライト&ロジック)というシングルをリリースしていた。

 オートチューンが強くかかったボーカルが印象的なエレクトロポップ・サウンドの同曲は、ネリー・ファータドの2000年の同名曲とは何の関係もなく、互いに間違うような曲でもない。ティファニーは、「あなたは高いとこが好きなのね/愛に浸るなかをクロールする/あなたはキュートで、私にさえずるの/かわいく“ピー、ピー、ピー”ってね」などと歌っている。

 ティファニー・トランプの曲はAmazonやiTunesで99セント(約106円)で購入できるほか、YouTubeでも聴けるので興味のある方はどうぞ。



◎Tiffany Trump - Like A Bird (feat. Sprite & Logic)
https://www.youtube.com/watch?v=LVpu6MnXBhQ

最終更新:7月21日(木)18時35分

Billboard Japan

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。