ここから本文です

『ファインディング・ドリー』上映でR指定アニメの予告が流れるハプニング

クランクイン! 7/21(木) 19:00配信

 世界中で大ヒットしている映画『ファインディング・ドリー』を見に来ていた観客が、R指定を受けている大人向けのアニメ『Sausage Party(原題)』の予告編を見させられるというハプニングが起こった。海外メディアScreen Rantが報じている。

【関連】『Sausage Party(原題)』フォトギャラリー


 ハプニングが起きたのは、カリフォルニア州コンコードの映画館。劇場が発表した声明によれば、当日は公開初週であまりにも忙しかったために、一生懸命に働き疲弊した劇場スタッフが、本来上映する予定だった予告編とは異なるものを誤って流してしまったとのこと。スタッフはすぐに間違いに気づいたものの、すでに予告編は始まってしまっていたという。

 8月12日に全米公開を迎える『Sausage Party(原題)』は、セス・ローゲンが脚本を共同執筆した大人向けアニメ。劇中では、購入されて幸せになれると思っていたソーセージのフランク(ローゲンが声優も兼任)らが、自分たちが「食べられる」ための存在であるという残酷な真実を知り、消費者から何とか逃げようとする姿が、面白おかしく描かれる。

 エレン・デジェネレス演じるドリーの可愛らしい声を聞くつもりだった観客も、まさかローゲンの声を聴くことになるとは予期していなかっただろう。おそらく、場内には小さな子供たちも大勢いたのではないだろうか…。

最終更新:7/21(木) 19:01

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]