ここから本文です

須賀健太、舞台『ハイキュー!!』メンバーと食事会「言葉では表せない繋がりと安心感』

クランクイン! 7月21日(木)7時0分配信

 俳優の須賀健太が、自身のツイッターにて稽古後に合流してきたという演劇『ハイキュー!!』共演者とのご飯会の集合写真を公開。「不思議なメンツ…笑」と青葉城西高校や烏野高校OBらメンバーと共に満面の笑みを浮かべている。

【関連】「須賀健太」フォトギャラリー


 須賀自身が「不思議なメンツ」だという、この日の食事会メンバーは、『ハイパープロジェクション演劇「ハイキュー!!」“頂の景色”』と、初演の舞台『ハイキュー!!』の共演者が揃う。また、写真に写る須賀、田中啓太以外は、須賀が演じる主人公・日向翔陽が所属する烏野高校のメンバーではなく、ライバル校である青葉城西高校のメンバーや、烏野高校OBなど、須賀自身が感じるようにレア感満載なメンツになっている。

 そんなレアなメンツではあるものの「あの舞台を一緒に作りあげた仲間というのは言葉では表せない繋がりと安心感がありますね!」と語っており、『ハイキュー!!』という作品ではとても“大きなもの”を得ることができたようだ。なお、この日のメンバーである山口賢人、坂本康太、遊馬晃祐、有澤樟太郎、田中らも同様に自身のツイッターやブログにてこの日の食事会の様子を紹介している。

 須賀のツイッターには「皆さん仲の良さ本当素敵で憧れます!」「わたしもみなさんが載せてる写真を見ると安心感生まれます」「ハイキューメンバーみるとほっとする」など、多くのコメントが寄せられている。

最終更新:7月21日(木)7時0分

クランクイン!

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。